南予森林組合事務所
JForest Office

CLTの屋根が印象的な外観 CLTの円筒シェルによるキャノピー 1階の事務室 2階の研修室 CLT屋根パネルの接合 CLT屋根建方 接合部の実験
建築設計 新企画・SUEP・金箱構造設計JV
所在地 愛媛県北宇和島郡鬼北町
用途 事務所
規模 地上 2 階 
延床面積 772.11 ㎡
構造 木造(CLT)
竣工年月 2021 年 3 月
掲載雑誌 建築技術 2021年9月
新建築 2021年12月
受賞 令和3年度木材利用優良施設コンクール審査員特別賞

在来軸組工法の建築で屋根はCLTを用いた円筒シェルとした。耐力壁として、長手方法は合板壁、短手方向はCLTの耐力壁を用いた。屋根は厚さ15㎝で幅1.2~2mのCLT板を並べ、少しずつ角度を持たせて接合して円筒形状をつくり、接合具として、面外曲げ抵抗(ラグスリューボルト)・面外せん断抵抗(パネリード)・面内せん断抵抗(ビス打ち金物)の3種類の接合具を用いた。この内、面外曲抵の接合方法は、外から2層目のラミナにラグスクリューボルトを埋め込んで軸方向の引張、圧縮の抵抗を行わせ、それとCLT板の圧縮側の抵抗とにより曲げ剛性、耐力を確保する方法とした。曲げ抵抗用の接合具は載荷試験を行って、強度、剛性を確認した。